楽 々ブログ Google攻略   自 立ライフ PCあれこれ  飯 寿司

パソコンあれこれ
当サイトのコンテンツはBlogger,Live Writer,Picasa2で楽々ブログ作成法、Googleのサービス使いこなしガイド、自立生活への道、パソコン一般の技術情報、鮭の飯寿司の作り方ブログ編などです。
その他
●NHKテレビ「ためしてガッテン」で話題の「酒粕甘酒の作り方
●3D作成フリーソフ ト「Google Sketch Upの使い方
● 「北海道の回転寿司」 チェーン店をGoogleマップ付で紹介
これらは全てBloggerを使用して作成しております。


ユーザーアカウント制御(UAC)

2008年3月16日日曜日

使用しているソフトによっては「認識できないプログラムがこのコンピュータへアクセスを要求しています」、「発行元がわかっている場合や以前しようした場合を除きこのプログラムは使用しないでください」と言うメッセージが起動するたびに出てきてとても煩わしく感じています。
「今後はこのプログラムを認める」と言う項目をどうして作らなかったのでしょうか。
VistaのBusiness 以上のエディションには「コントロールパネル/管理ツール/ローカルセキュリティポリシー/セキュリティの任意設定」と言う項目があってそこで設定可能らしいのですが、我がHomePremiumにはありません。

そこでレジストリを変更する事にしました。
「スタート/検索の開始」で「regedit」を入れると
image
と出るので、このregedit.exeを起動させます。

レジストリの場所
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System]
Systemをクリックした時の右画面

image 
このConsentPromptBehaviorAdminは管理者承認モードでの管理者に対する昇格時のプロンプト動作で
"認識できないプログラムがこのコンピュータへアクセスを要求しています"、"続行するにはあなたの許可が必要です"等の画面出現に関する設定で
確認を要求しないで昇格する0 資格情報を要求する1 同意を要求する2 となります。
PromptOnSecureDesktopはセキュリティで保護されたデスクトップに切り替えると言うもので、画面を一瞬暗くする動作ですが、タスクマネージャを起動した時にもそうなります。 有効1 無効0

今回はConsentPromptBehaviorAdminだけを無効にして見ました。
右クリックして「修正」を選択(又はダブルクリック)
image 
image
これを2から0にすると、Windowsを再起動しなくても有効になりメッセージが出なくなりました。
尚この値を変更すると
image
とセキュリティセンターに「ユーザー アカウント制御が無効になっています」と警告を受けますがUAC機能そのものは有効ですし

別アカウント時にはUACダイアログが出て来ます。

これもうっとうしいので、出さなくするにはWindowsのセキュリティセンターの「セキュリティセンターの警告方法の変更」で「通知は受け取らず、アイコンも~」にします。
 image

KINGSOFTのインターネットセキュリティ(無料版)

2008年3月13日木曜日

このソフトの特徴は有料版と同じ機能が使えるという点。但し広告が入ります。内容はアンチウィルス機能、ハッカーによる侵入をはじめ個人情報流出対策、ファイヤーウォール、スパイウェア対策、システムの脆弱性を修復する「セキュリティアナリシスなどを装備。
ウィルス定義ファイルは1日に約3回の高い頻度で更新、世界的なセキュリティ品質テスト「Checkmark」において、Anti-Virus Desktop (ウイルス検知基準)とAnti-VirusDisinfection(ウイルス除去基準)の適合認定も受けている。
対応OSはWindows Vista/XP/2000/ME/98SE 日本語版

●無料ファイルのダウンロード先はこちら

(1)デスクトップにダウンロードしたら、そのアイコンをダブルクリックimage
(2)「次へ」をクリック
image
(3)「次へ」をクリック
image
(4)「同意する」をクリック
image
(5)「次へ」をクリック
image
image
(6)「利用規約に同意してインストール」をクリック
image
(7)「完了」をクリック
image
(8)「完了」をクリック
image
(9)「次へ」をクリック
image
image
(10)「完了」をクリック
image
image 

参考:
インストールが終わると直ぐ出るのは「オンラインアップデートプログラム」、これを実行することにより最新のウィルス定義ファイルになります。
またもしインターネットにアクセスするプログラムがある場合はそのプログラムを認めるかどうかのメッセージが出ます。このパソコンの場合はGoogle Web Accelerator(グーグルのインターネットを速くするフリーソフト)を認めるかどうかが出ましたので、「いつでも許可」にチェックを入れ、「OK」をクリックしました。この判断はパソコンビギナーに取って難しいのですが、取り合えず「今回禁止」にし、後で調べてから適切な判断をするといいでしょう。
image image